ダイエット

エアロバイクで太ももが痩せるのか?効果的な漕ぎ方と注意点を解説!

エアロバイクで太ももは痩せられる?

効果的な漕ぎ方が知りたい!

こんな疑問にお答えします!

 

エアロバイクは家庭でも手軽に有酸素運動ができる人気のマシンです。

ダイエット効果も高く、運動経験の少ない人にもおすすめ。

脚やせを狙ってエアロバイクに挑戦する人も多いと思います。

しかし本当にエアロバイクで太ももが痩せるのでしょうか?

今回は、エアロバイクで脚やせするのか?その真相と効果的な漕ぎ方について解説します。

本記事の内容

  • エアロバイクで脚痩せは可能か?
  • エアロバイクを漕ぐときのポイントと注意点
  • エアロバイクのメリットとデメリット

 エアロバイクを購入しようと思ってる人は必見です。

本記事を読んで効果的なエアロバイクダイエットに挑戦しましょう!

 

エアロバイクで脚やせは可能か?

エアロバイクで脚痩せは可能か?

脚やせを狙ってエアロバイクに挑戦する人は多いですが、本当に脚やせができるのでしょうか?

結論を言うと、脚の脂肪だけをピンポイントで落とすのは難しいです。

なぜなら脂肪は全身からまんべんなく落ち始めるから。

脚の脂肪だけを狙って落とすのは無理なのです。

しかし安心してください。

これは脂肪を落とすことに注目した話であり、正しい漕ぎ方をすればエアロバイクで脚を引き締めることは可能です。

ここから解説する正しい漕ぎ方を実践して、脚の引き締めに挑戦しましょう!

 

エアロバイクの効果的な漕ぎ方と注意点

エアロバイクの効果的な漕ぎ方と注意点

脚を引き締めるには「筋肉の発達×脂肪燃焼」がポイントになります。

このポイントに絞って、ここから解説する漕ぎ方を実践することで脚を引き締めることができますよ。

ポイントは以下の3つ

・負荷をやや強めにする
・やや前傾姿勢で漕ぐ
・10分以上続けて漕ぐ

それぞれ解説していきます。

 

負荷をやや強めにする

エアロバイクは漕ぐときの負荷を調整することができます。

負荷の調整を間違えると効果が台無しになるので注意しましょう。

脚を引き締めるなら「筋肉の発達」が必要でしたね。

なので負荷を設定するときは、自分が漕ぎやすいと思う負荷より、もう1〜2段階上げてみましょう。

「脚を疲労させながら、長時間漕ぎ続けられる負荷」がベストです。

脚の疲労を感じながら漕ぐのが脚やせの1つ目のポイントです!

 

やや前傾姿勢で漕ぐ

エアロバイクは漕ぐときの姿勢も意識しましょう。

やや前傾姿勢で漕ぐと脚やせに効果的です。

エアロバイクを漕ぐときは

・大臀筋(お尻)
・ハムストリング(太ももの裏)
・大腿四頭筋(太ももの前)

この3つの筋肉を動かして漕いでいます。

前傾姿勢で漕ぐと3つの筋肉が効率よく使われます。

後傾姿勢で漕ぐと大腿四頭筋があまり使われないのでNGです。

下半身の筋肉を満遍なく動かすことで、脚の引き締め効果が上がります。

 

10分以上続けて漕ぐ

エアロバイクで脚を引き締めたいなら10分以上続けて漕ぎましょう。

エアロバイクで5〜10分漕ぎ続けると軽く汗ばんできます。

汗ばんできてからさらに10分くらい経つと脂肪燃焼の効果が高まります。

有酸素運動は長時間やることで効果を発揮するので、エアロバイクは10分以上続けて漕ぐようにしましょう。

 

エアロバイクのメリット

エアロバイクのメリット

エアロバイクのメリットは以下の3つです。

エアロバイクのメリット

・脂肪燃焼効果が高い
・運動不足の人も挑戦できる
・自分で負荷が調整できる

それぞれ解説していきます。

メリット① 脂肪燃焼効果が高い

エアロバイクのメリット1つ目は脂肪燃焼効果が高いことです。

ランニングや水泳などと同じく有酸素運動なので長時間連続して運動ができます。

脂肪を燃焼させるには、小さい負荷でしばらく運動を続ける必要があります。

エアロバイクは長時間の有酸素運動が行えるので体脂肪が燃えやすいのがメリットです。

 

メリット② 運動不足の人も挑戦できる

エアロバイクのメリット2つ目は運動不足の人でも挑戦しやすいことです。

有酸素運動の代表といえば「ランニング」ですが、運動不足の人には負荷が高く膝を痛めるリスクもあります。

脚を痛めてしまうと運動することが嫌になってしまいます。

エアロバイクは地面に足が触れないため脚への衝撃がなく、運動負荷も低いです。

脚を痛めるリスクも小さいので、運動不足の人にも長期間にわたってダイエットが行えます。

 

メリット③ 自分で負荷を調整できる

エアロバイクのメリット3つ目は自分で負荷が調整できることです。

運動経験がない人でも最初は軽い負荷から始めると、長時間連続して運動ができます。

慣れてきたら少しづつ負荷を増やすと、効率よく体脂肪が燃やせます。

自分のレベルに合わせて有酸素運動ができるので、無理なく継続できるのが大きなメリットです。

 

エアロバイクのデメリット

エアロバイクのデメリット

エアロバイクのデメリットは以下の2つです。

エアロバイクのデメリット

・費用がかかる
・負荷が高すぎると脚が太くなる

 

デメリット① 費用がかかる

エアロバイクのデメリット1つ目は費用がかかることです。

自宅でエアロバイクをする場合は購入しなければなりません。

エアロバイクは安いものであれば10,000~20,000円ほど、機能が充実していれば100,000円以上する場合もあります。

ジムのエアロバイクで運動する場合でも、ジムの月会費が5,000~10,000円ほどかかります。

器具のいらないランニングと比べると、エアロバイクは実施するのに費用がかかるので注意してください。

 

デメリット② 負荷が高すぎると脚が太くなる

エアロバイクのデメリット2つ目は負荷が高すぎると脚が太くなることです。

負荷が大きすぎると筋肉が発達してしまい、脚が太くなる恐れがあります。

エアロバイクでダイエットをしたい場合は、少し高い負荷で運動時間を長くするのがポイントです。

 

まとめ〜エアロバイクで脚を引き締めよう〜

エアロバイクで脚を引き締めよう!

エアロバイクはダイエットにとても有効で、脚の引き締め効果も期待できます。

運動が苦手な人でも挑戦しやすいので、運動不足が気になる方や、脚を引き締めたい方はエアロバイクに挑戦してみましょう。

家庭に1台エアロバイクがあればいつでも運動ができます。

この機会にエアロバイクでダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

Amazonでエアロバイクを見る

楽天でエアロバイクを見る

 

それでは!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

筋スケ

こんにちは!筋スケです。 筋肉をつけるためには正しい方法で、賢くトレーニングすることが大切です。 このブログでは筋肉を効率的につけるノウハウや、ダイエットの方法を発信しています! 身体を変えて素敵な日々を過ごしましょう。

-ダイエット

© 2023 筋スケblog