胸トレ

ダンベルプレスで腕に効くのはなぜ?胸に効かせるコツを紹介!

2022年10月15日

 

・ダンベルプレスで腕ばかり効いてしまう…

・胸に効させるコツを知りたい

 

こんな疑問を解決します!

 

筋スケ
ダンベルプレスで腕に効くのはフォームが間違っているかも…
胸に効かせるコツを紹介します!

 

本記事の内容

  • ダンベルプレスが腕に効く原因
  • ダンベルプレスで胸に効かせるコツ
  • ダンベルプレスが筋肥大に有効な理由

 

本記事を読んでダンベルプレスのコツをつかめば、さらに大胸筋を大きくできますよ!

 

 

 ダンベルプレスが腕に効く原因

ダンベルプレス

ダンベルプレスが腕に効く原因として次のことが考えられます。

ダンベルプレスが腕に効く原因

・胸を開けていない

・可動域が狭い

 

胸を開けていない

ダンベルプレスをするときに胸を開かず、腕を曲げてダンベルを動かすと腕に効く原因になります。

ダンベルプレスは胸に効かせるトレーニングなので、まずは胸の筋肉を動かす意識を持ちましょう。

 

胸を開くことを意識するために、以下の記事を参考にしてみましょう。

 

可動域が狭い

ダンベルプレスは可動域が広く取れることがメリットです。

バーベのルベンチプレスであればバーが胸に着くと、それ以上は下ろせませんよね。

しかしダンベルプレスなら、より深い位置までダンベルを下ろせます。

このメリットを活かせず、狭い可動域で動かしていると腕に効く原因になります。

ダンベルプレスをするときは、なるべく胸よりダンベルを深く降ろすことを意識しましょう!

 

可動域については、以下の記事で解説しています。

 

プレート変更の無駄な時間を省略「NÜOBELL」

 

 ダンベルプレスで胸に効かせるコツ

ダンベルプレス

ダンベルプレスで胸に効かせるために次の3つを意識しましょう。

胸に効かせるポイント

1.前腕を地面と垂直にする

2.ダンベルを体の外へ斜めに下ろす

3.深く下ろして胸をストレッチする

 

前腕を地面と垂直にする

前腕が地面に対して斜めになっていると、腕の力を入れてダンベルを支えなければなりません。

重りは地面に対して垂直にかかるので、前腕を地面と垂直にすると腕の力を使わず胸に集中できます。

まずは前腕の角度を意識して動作をしてみましょう!

 

ダンベルを体の外へ斜めに下ろす

次に前腕を垂直にしたまま、
ダンベルを体の外に向かって斜めに下ろします。

そうすると、胸が開いて大胸筋を大きく動かせます。

ダンベルは腕を自由に動させるので、メリットを活かして胸に効かせましょう!

 

深く下ろして胸をストレッチする

最後に、ダンベルをなるべく深くまで下ろして胸をストレッチさせましょう。

筋肉をストレッチさせているときに負荷をかけると、トレーニング効果が高まります。

 

胸がストレッチしているのを感じたら、そのまま斜めの軌道でダンベルを上げます。

この動作を繰り返すと胸に効かせられるので、ぜひ意識してやってみましょう!

 

 ダンベルプレスが筋肥大に効果的な理由

ダンベルプレス

 

ダンベルプレスとベンチプレス、どっちの方が筋肉が大きくなるの?
筋スケ
筋肥大が目的なら、
ダンベルプレスがオススメ!
その理由を解説します!

 

ダンベルプレスが筋肥大に効果的な理由は、次の通り

ダンベルプレスが筋肥大に効果的な理由

・可動域が広く取れる

・手幅の自由度が高い

 

可動域が広く取れる

ダンベルプレス

ダンベルプレスは、バーベルよりも「可動域を広く取る」ことができます。

可動域を広く取ることが筋肥大にとって重要な要素です。

 

その理由は筋肉の性質にあります。

筋肉は伸び縮みするゴムのような動きで、収縮するときに力を発揮する性質があります。

一番筋肉の力が発揮されるのは、筋肉が自然長の状態です。

 

筋スケ
例えば下から何か持ち上げるとき、腕を伸ばしきった状態より、腕を軽く曲げた状態の方が楽に持ち上がりますよね!

 

筋肉により多くのダメージを与えるために、筋肉の力が発揮しにくいポイントで負荷をかける必要があります。

 

筋肉の力が発揮しにくいポイントとは

ポイント

・収縮ポイント

・ストレッチポイント

この2つです。

 

ダンベルプレスでは、胸を開くことで大胸筋を強くストレッチできます。

そして、最も強い負荷がかかるのが、このストレッチポイントです。

このことより、胸を大きく開くダンベルプレスは筋肥大に有効なのです!

 

筋スケ
ダンベルベンチプレスは、大胸筋を強くストレッチさせることに意味があります!
深く下ろすことを意識しましょう!

 

大胸筋を鍛えるメニューは、以下の記事を参考にしてみましょう!

 

手幅の自由度が高い

ダンベルプレス

ダンベルプレスが筋肥大に有効な2つ目の理由は「手幅の自由度が高い」ことです。

バーベルでは手幅が固定されているのに対して、ダンベルでは手幅を自由に動かせます。

 

手幅を自由に動かすことで、可動域を広げることにつながります。

例えば、

・ダンベルを下ろしたときは手幅を広げて、大胸筋を強くストレッチさせる。

・ダンベルを上げたときは手幅を閉じて、大胸筋を収縮させる。

このように、ダンベルプレスは大胸筋の可動域を広げるメリットがあります。

上記の2つを意識してトレーニングすると筋肥大に有効ですよ!

 

筋スケ
ダンベルベンチプレスで高重量を扱えるようになれば、大胸筋は飛躍的に大きくなりますよ!

 

プレート変更の無駄な時間を省略「NÜOBELL」

 

 まとめ~ダンベルプレスで胸に効かせるトレーニングを~

ダンベルプレス

 

★ダンベルプレスで腕に効く原因

コレが原因

・胸を開けていない

・可動域が狭い

 

★ダンベルプレスで胸に効かせるコツ

ココがポイント

・前腕を地面と垂直にする

・ダンベルを体の外へ斜めに下ろす

・深く下ろして胸をストレッチさせる

 

筋スケ
正しいやり方で筋トレをすると、短期間で筋肉を大きくできます!
日々のトレーニングを見直して、理想の身体を目指しましょう!

 

それでは!

 

自宅でダンベルプレスをするためには「ダンベル」「ベンチ」が必須!

詳しくは以下の記事を参考にしてみましょう!

 

プレート変更の無駄な時間を省略「NÜOBELL」

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

筋スケ

こんにちは!筋スケです。 筋トレを人生の軸にしています。 BP:90kg/SQ:100kg/DL:110kg 筋肉をつけるためには正しい方法で、賢くトレーニングすることが大切です。 このブログでは筋肉を効率的につけるノウハウや、ダイエットの方法を発信しています! 身体を変えて素敵な日々を過ごしましょう。

-胸トレ

© 2023 筋スケblog