ダイエット

ダイエットに有酸素運動は必要か?ダイエットは筋トレを優先すべき3つの理由

2021年6月16日

ダイエット 有酸素運動 必要

 

・ダイエットに有酸素運動は必要ですか?

・筋トレと有酸素どっちが痩せますか?

・筋肉を落とさずダイエットするには?

こんな疑問を解決できる記事になっています!

 

筋スケ
ダイエットに有酸素運動を取り入れるべきか否かで悩む人は多くいますね!
今回はダイエット時こそ筋トレをオススメする理由を解説していきます!

 

最近ではランニングマシンやエアロバイクが人気で、多くのジムに設置されています。

「ダイエットには有酸素運動」というのが一般的に考えられていますよね。

しかしボディビルダーやフィジーカーの中には、いっさい有酸素運動をせずに身体を作っている選手もいます!

有酸素運動は本当に必要なのでしょうか?

本記事の内容

  • ダイエットに筋トレを取り入れるべき理由
  • 有酸素運動のメリットとデメリット
  • 有酸素運動を取り入れるタイミング

 

本記事を読んで筋トレと有酸素運動のメリットを理解すれば、効率的にダイエットを進められますよ!

 

 

ダイエットに筋トレを取り入れるべき3つの理由

ダイエット 筋トレ

ダイエットは筋トレと有酸素運動のどちらを優先すればいいのでしょうか?

まずは、筋トレを取り入れるべき理由を解説していきます!

 

ダイエットに筋トレをすべき理由

①カロリー消費が大きい

②見た目が良くなる

③リバウンドしにくい

 

カロリー消費が大きい

有酸素運動より筋トレの方が、1日のトータルの消費カロリーが大きくなります。

なぜなら、有酸素は動いている間しかカロリーを消費しませんが、
筋トレは終わった後も、カロリーを消費し続けるからです。

 

筋トレ後は筋肉が張ったような状態と筋肉痛がしばらく続きますよね。

ダメージを受けた筋肉を元に戻そうと身体の代謝に働きかけている状態です。

筋トレ後に代謝が上がるのはこのためですね!

 

このように、筋トレは終わった後もカロリーを消費し続けるので、ダイエットに効果的なのです!

 

見た目が良くなる

ダイエットの目的が「理想の身体を作る」ことなら、間違いなく筋トレを優先すべきです!

なぜなら筋肉が多い方が見た目が良くなるからです。

下の写真を見てみましょう↓

脂肪と筋肉の重さ

脂肪と筋肉の模型はどちらも同じ2kgです。

しかし大きさが全然違いますよね。

つまり「同じ体重でも筋肉が多いほうが痩せて見える」ということです!

 

引き締まって見える人ほど、体重が重いことが多いです。

見た目重視のダイエットなら必ず筋トレを取り入れましょう!

 

リバウンドしにくい

筋トレをメインにダイエットすると、リバウンドしにくいのもメリットです。

ダイエットは運動と同時に食事制限も必須。ダイエットが終了して食事を元に戻すと、多くの人がリバウンドしてしまいます。

しかし、筋肉量が多い人ほどリバウンドしにくいのです!

なぜなら筋肉が多い方が消費カロリーが多いので、脂肪を蓄積しにくいからです。

理想の体型を維持したいなら、筋トレを取り入れることをオススメしますよ!

 

 

ダイエット時の有酸素運動のメリットとデメリット

有酸素運動のメリットとデメリット

ダイエットに有酸素運動は必要なのでしょうか?

結論を言うと、

絶対必要なわけではありません。

これから解説する有酸素運動のメリットとデメリットを読むと理由が分かります!

 

まずは有酸素運動のメリットを紹介します。

有酸素運動のメリット

①心肺機能が強化される

②負荷が少ない

 

メリット① 心肺機能が強化される

有酸素運動をしているときは心拍数が常に高い状態です。

全身を使うので心肺機能が強化され、疲れにくい身体になります。

スタミナをつけられるのが有酸素運動のメリットです!

 

メリット② 負荷が少ない

筋肉への負荷が少ないので、運動経験が無い人にも手軽に行なえます。

翌日に筋肉痛など、疲労が残りにくいのもポイントです。

肉体的疲労が少ないので毎日の日課にできることがメリットです!

 

 

次に有酸素運動のデメリットを紹介します。

有酸素運動のデメリット

①筋肉が分解される

②リバウンドしやすい

 

デメリット① 筋肉が分解される

有酸素運動をすると筋肉が分解されやすくなります。

なぜなら、有酸素運動をするときには重い筋肉は邪魔な存在になるからです。

筋スケ
マラソン選手は細身の人が多いですよね!筋肉や脂肪を落として、長距離を走るのに適した身体にしているのですね!

有酸素運動をしすぎると、邪魔な筋肉を真っ先に減らそうとします。

筋肉が減ってしまうと、代謝が落ちるので痩せにくい身体になってしまうのです!

 

デメリット② リバウンドしやすい

有酸素運動を続けていると、身体は少ないエネルギーで長時間走れるように省エネモードに入ります。

そうすると、脂肪の燃焼が悪くなり、筋肉を多く減らしてしまいます。

結果、省エネモードに入った身体は栄養を吸収しやすくなり、リバウンドしやすくなってしまうのです!

 

筋スケ
ダイエットを効率的に進めるには筋肉量の維持は必須です!ダイエットはいかに筋肉を減らさずに行うかがカギですね!

 

 

ダイエット時に有酸素運動を取り入れるタイミング

有酸素運動のタイミング

体重を早く落としたいけど筋肉も残したい!

そんな人は筋トレ+有酸素運動を組み合わせると、効率的に痩せられますよ!

ここで大切なのは有酸素運動を取り入れるタイミングです。

 

適切なタイミングは筋トレ後です!

 

理由は以下の2つです。

筋トレ後の有酸素運動が有効な理由

①代謝が上がっている

②血流が良くなっている

 

①代謝が上がっている

筋トレ後は最も代謝が上がっている状態です。

つまり脂肪を燃焼しやすいゴールデンタイム!

このタイミングで有酸素運動をすると効率的に脂肪を燃やせますよ!

 

②血流が良くなっている

筋トレをすると筋肉が張ったような感じになりますよね。

これは筋肉に血液が送り込まれてパンプアップされているからです。

つまり身体の血流が良くなっている状態です。

このタイミングで有酸素運動をすると早く心拍数を上げられます。

短い時間でも脂肪燃焼効果が高くなるのです!

 

ポイント

筋トレ後の有酸素運動は30分以内で終わらせましょう!

長時間やりすぎると筋肉が分解されてしまいます。

筋トレ後は短い時間でも十分脂肪燃焼効果が期待できますよ!

 

筋スケ
また、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせたHIITトレーニングも有効ですよ!

HIITトレーニングについては「最高に痩せる!?短時間で脂肪燃焼に効果抜群のHIITトレーニングを紹介」で詳しく解説しています!

 

まとめ ~ダイエットを効率的に進めよう!~

筋トレ

★ダイエットに筋トレを取り入れるべき理由

①カロリー消費が大きい

②見た目が良くなる

③リバウンドしにくい

 

★有酸素運動のメリット

①心肺機能が強化させる

②負荷が少ない

 

★有酸素運動のデメリット

①筋肉が分解される

②リバウンドしやすい

 

ダイエットにおける筋トレと有酸素運動の特徴を解説しました!

 

今回解説した内容で、特に意識したいポイントは、

「筋肉は分解されやすい」

「有酸素運動はリバウンドのリスクが高くなる」

ということ。

 

有酸素運動をしなくても食事管理+筋トレで十分ダイエットは可能です。

有酸素運動は最終手段として考えておくのが良いでしょう。

筋肉を残して理想の身体になりたいなら筋トレは必須です!

 

筋スケ
効率的にダイエットを進めて理想の身体を手に入れましょう!

 

それでは!

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

筋スケ

こんにちは!筋スケです。 筋トレを人生の軸にしています。 BP:90kg/SQ:100kg/DL:110kg 筋肉をつけるためには正しい方法で、賢くトレーニングすることが大切です。 このブログでは筋肉を効率的につけるノウハウや、ダイエットの方法を発信しています! 身体を変えて素敵な日々を過ごしましょう。

-ダイエット

© 2023 筋スケblog