脚トレ

脚トレは辛いけどメリットがいっぱい!絶対に脚を鍛えたほうが良い理由

2020年11月6日

脚トレ 辛い

 

・脚トレは辛いからやりたくない…

・でもメリットがいっぱいあるって聞くし…

・脚トレやったほうが良いの?

 

こんな疑問を解決できる記事になっています!

 

「脚トレはキツいからやりたくない」と思っている人や、脚トレを苦手としている人は多いでしょう。

 

筋スケ
私も筋トレを5年以上続けていますが、いまだに脚トレの前は憂鬱な気分になります…(笑)

 

出来ればやりたくない、その理由はただ一つ「辛いから」ですよね…

 

でも、そんなきつい脚トレだからこそ、やり込むメリットが多くありますよ!

本記事では絶対に脚を鍛えたほうが良い理由を解説していきます!

 

脚トレはきついのでやりたくないです。
筋スケ
脚トレは絶対にやったほうが良いですよ!
脚トレのメリットを紹介しますね!

 

絶対に脚を鍛えたほうが良い理由

レッグプレス

 

脚を鍛えるメリットは以下の通りです。

脚トレのメリット

多くの筋肉が鍛えられる

基礎代謝が上がって痩せやすくなる

精神が鍛えられる

 

多くの筋肉を鍛えられる

多くの筋肉

なぜ脚トレがあれほど辛いのか?

その理由は大きな筋肉を一度に鍛えるからです。

 

筋トレ中は多くの酸素を筋肉に送らなければなりません。

そのため酸欠状態になり、呼吸が苦しくなります。

 

人間の筋肉の70%は下半身に集中しています。

特に大腿部(太もも)は全身の筋肉の中で最も大きな筋肉。

脚トレは一度に多くの筋肉を鍛えられるのです!

 

大きな筋肉を鍛えると、その分成長ホルモンの分泌量が増えます。

成長ホルモンは筋肉の成長のために必要なものです。

筋トレ後や睡眠中に分泌されており、筋肉の成長を促します。

脚トレをすると、身体の約70%の筋肉が一度に鍛えられるので、
成長ホルモンの分泌量が他のトレーニングと比べて桁違いなのです!

 

なので脚を鍛えると、他の部位も効率的に成長させられますよ!

脚トレで鍛えられるのは、脚だけではないのです!

 

筋スケ
脚トレをして全身の筋肉を効率的に筋肥大させましょう!

 

基礎代謝が上がり痩せやすくなる

スクワット

筋肉量が多い人ほど基礎代謝が高いのはご存知でしょうか?

基礎代謝とは人間が一日に消費するカロリーのこと。

基礎代謝が高いほど消費カロリーが高く、痩せやすく太りにくい体質になります。

つまり筋トレをすると、ダイエットを効率的に進められるのです!

ダイエットに筋トレを取り入れるのがオススメなのは、このような理由があるからですね!

 

>>ダイエットに有酸素運動は必要か?ダイエットは筋トレを優先すべき3つの理由

 

脚トレをすると身体の約70%の筋肉が鍛えられるます。

多くの筋肉を鍛えると、それだけ基礎代謝が高くなりますよ!

 

ダイエットするなら脚トレを取り入れると、圧倒的に効率よく痩せられます!

脚トレは辛い分、大きなリターンを生み出しますよ!

 

脚を鍛えると、太くなっちゃうんじゃないですか?

 

筋スケ
その心配はいりません。
特に女性はホルモンの関係から、筋肉を太くするのは難しいです。
脚が細く引き締まっている人ほど、脚トレをしているんですよ!

 

精神を鍛えられる

精神力

脚トレはとにかく辛いです。

激しい痛み、飛び出しそうになる心臓、乱れる呼吸、吐き気。

脚トレには、この世のすべての苦痛を集結させたような辛さがあります。

 

特にスクワットは重いバーベルを担いで身体を支えなければなりません。

全身に荷重がかかっている状態で、潰されそうになる恐怖心と戦わなければなりません。

そんな状態をもろともせずに、自分の限界まで追い込む必要があります。

 

だからこそ辛い脚トレを乗り越えることで、肉体的にも精神的にも強くなれるのです。

脚トレの辛さを乗り越えられたら、他の部位のトレーニングなど余裕で耐えられるようになるでしょう。

 

間違いなく「脚トレを制する者はトレーニングを制する」です。

きつい脚トレをメニューに取り入れるだけで精神的に強くなれますよ!

 

おすすめの脚トレ種目3選

 

筋スケ
特に効果が高い脚トレ種目を3つ紹介します!

 

スクワット

スクワット

「キング・オブ・エクササイズ(トレーニングの王様)」と呼ばれるスクワットは精神力を鍛えるのに最も適しています!

 

主に、大腿部(太もも)と大殿筋(お尻)など下半身全体を鍛えることができます。

重いバーベルを担ぐので、体幹を支えるため上半身の筋肉も使います。

全身を一度に鍛えられる、まさにトレーニングの王様です。

 

ただし、フォームを習得するのが難しく、間違ったフォームで高重量を扱うと腰や膝の怪我につながります。

最初は、15~20回できるくらいの軽い重量でフォームを習得し、徐々に重量を上げていきましょう。

 

スクワットはやりたがらない人が多いです。

その理由はただ一つ「辛いから」ですよね。

スクワットは脚トレの中でも特に辛い種目です。

その分、やり込むことでメンタルが圧倒的に強くなります。

必ず取り入れるべき種目です。

 

スクワットやり方は、以下の記事で解説しています。

 

レッグエクステンション

レッグエクステンション

オススメの脚トレ種目の2つ目は「レッグエクステンション」です。

レッグエクステンションはマシントレーニングなので、フォームの習得が簡単です。

怪我のリスクも少ないので、どんどん重量を伸ばしていきましょう!

 

レッグエクステンションでは上半身の筋肉はあまり使わないので、脚を集中して鍛えられます。

「エクステンション」とは「引き延ばす」意味で、大腿四頭筋を十分引き延ばすと高い効果が得られますよ!

 

パッドを上げたときは、しっかり大腿四頭筋を収縮させます。

パッドを下ろしたときは、しっかり大腿四頭筋を引き延ばしましょう。

 

広い可動域で行うと、効果の高いトレーニングができます。

安全に限界まで追い込めるオススメの種目です!

 

レッグエクステンションのやり方は、以下の記事で解説しています。

 

レッグプレス

レッグプレス

オススメの脚トレ種目の3つ目は「レッグプレス」です。

レッグプレスはスクワット同様、脚で押す動作をします。

スクワットとの違いは身体が固定されていることです。

そのため脚の筋肉を集中して鍛えられます!

 

辛くなってきたら、膝を手で押して補助をもできます。

ストッパーを正しい位置に設定すれば、潰される心配もありません。

限界まで追い込むのに最も適した種目です。

 

レッグプレスのやり方は、以下の記事で解説しています。

 

まとめ ~脚トレは辛いけどメリットがいっぱい~

レッグプレス

脚トレはとにかく辛いです。

しかし非常にメリットが多いです。

辛い思いをした分だけ、自分にリターンが返ってきます。

 

脚トレを乗り越えることで得られるものは筋肉だけでなく、

強靭な精神、どんなに辛いことも乗り越えられる勇気が身につきます。

脚トレをやり込むと本当に精神的に強くなれますよ!

 

身体を大きくしたい男性、身体を引き締めたい女性、すべての人に脚トレをオススメします!

 

筋スケ
脚トレを日々のトレーニングメニューに取り入れて、トレーニングの質を向上させていきましょう!

 

それでは!

 

プレート変更の無駄な時間を省略「NÜOBELL」

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

筋スケ

こんにちは!筋スケです。 筋トレを人生の軸にしています。 BP:90kg/SQ:100kg/DL:110kg 筋肉をつけるためには正しい方法で、賢くトレーニングすることが大切です。 このブログでは筋肉を効率的につけるノウハウや、ダイエットの方法を発信しています! 身体を変えて素敵な日々を過ごしましょう。

-脚トレ

© 2023 筋スケblog