ブログ

【筋トレが継続できないあなたへ】継続できない原因と続けるコツを解説

2021年2月9日

 

・筋トレがなかなか続かない

・いつも三日坊主で終わってしまう

・自分はダメな人間だ…

こんな疑問を解決できる記事になっています!

 

筋スケ
筋トレが続かなくても落ち込む必要はありませんよ。
実は筋トレが続かないのはしっかりした理由があります。
今回は筋トレが継続できない原因と続けるためのコツを解説していきます!

 

本記事の内容

  • 筋トレが継続できない原因
  • 筋トレを継続するための3つのポイント

 

筋トレが続かない原因は何なのでしょうか?

意思が弱いからと思っている人は考え直しましょう。

継続できないのには理由があります!

本記事を読むと筋トレを継続するコツを理解して、理想の身体に近づけるでしょう!

 

 

筋トレが継続できない原因

筋スケ
筋トレを始めた人は、なにか「きっかけ」が必ずあるはずです。

例えば…

・最近太ってきたから痩せたい

・スポーツ選手の〇〇さんの身体に憧れる

・運動不足を解消したい

・モテたい  等

 

きっかけは人それぞれかと思います。

目標を決めたのになぜ継続できないのでしょうか?

 

継続できないのにはしっかりした「原因」があります。

原因を理解して継続できない自分とサヨナラしましょう。

 

 

原因① 生活の変化に身体が追い付いていない

これが筋トレが続かない最大の原因です。

 

今まで運動を習慣的に取り組まなかった人は、普段の生活にいきなり筋トレを取り入れることになります。

すると、頭では分かっていても身体が生活の変化についてこれなくなるのです!

 

実は「意思が弱い」のは関係ありません。

生活に変化が加わり、それを継続するのは難しいことなのです。

 

筋スケ
筋トレを継続させるには、生活の変化に耐えなければなりません。
生活習慣を変えることは想像以上に大変なのです!

 

 

原因② 結果を焦りすぎている

「痩せたい」

「いい身体になりたい」

と考えているあなた!

筋トレするとすぐに身体が変わると思っているのではないでしょうか?

 

身体はそんなに早く変わりません!

筋トレは2ヶ月継続したころにやっと身体が変わり始めます。

 

筋スケ
結果が見えない焦りからやめてしまう人が多いです。
継続は力なり!
焦らず、毎日コツコツ積み重ねると結果は後からついてきますよ!

 

 

原因③ 取り組む時間帯の問題

筋トレを取り組む時間が毎日バラバラで決まっていないと、結局やらずに終わることが多いです。

生活の一部に筋トレを取り入れるのは、ルーティン化(習慣化)させること。

つまり毎日決まった時間に取り組まないと継続するのは難しいです。

 

 

筋トレを継続するコツ

筋スケ
筋トレが続かない原因は理解できたでしょうか?
原因が分かれば対策しましょう!
筋トレを継続するコツを紹介していきます。

 

コツ① 小さな目標を立てる

筋トレを継続させるには長期的な目標と一緒に、1日ごとの小さな目標を立てましょう。

 

例えば…

・腕立て・腹筋・スクワットのどれかを1日5分間毎日する

・1日5回だけ、腹筋を毎日する 等

 

「え?そんな小さな目標でいいの?」

と思うかもしれませんが、目標はどれだけ小さくてもかまいません。

 

大切なのは、毎日継続することです。

 

逆に「毎日腹筋を50回する」ような大きな目標を立ててしまうと、目標達成までの過程が難しくなりますね。

「毎日腹筋を5回する」ような小さな目標だと、目標達成は難しくありません!

 

筋スケ
目標達成が成功体験となり、成功体験が積み重なると自信がつきます!
まずは、どれだけ小さな目標でもいいので、毎日続けられる目標を決めましょう。

 

 

コツ② 取り組む時間帯を固定する

小さな目標が決まったら、次は取り組む時間帯を決めましょう。

筋トレを取り組む時間帯は継続するために非常に大切なことです!

取り組む時間が毎日バラバラだと習慣化させるのが難しくなります。

 

筋スケ
例えば、ご飯を食べる時間、お風呂に入る時間は毎日決まっていますよね?
なので習慣化されています。

 

それと同じく、筋トレを取り組む時間も毎日決まった時間に固定しましょう。

 

例えば…

・仕事から帰った後の5分間

・朝、会社に行く前の5分間 等

 

「気が向いたらやろう」とか「やる気が出たらやろう」ではなく、

「この時間になったらやろう」と考えるのが大切です!

 

そこでオススメなのが、朝に筋トレすることです。

 

朝であれば、急に仕事が入ることも少なく、自分の時間として確保できます!

そして朝に運動すると身体にスイッチが入り、1日をアクティブに過ごせますよ!

 

筋スケ
私も朝に筋トレを取り入れることで、習慣化させました!

 

>>朝の筋トレが日常生活に与える素晴らしいメリット5選を紹介!

 

コツ③ メニューを決める

取り組む時間帯と同じく大切なのがメニューを決めることです

筋トレ初心者の方はまずは「自重トレーニング」をオススメします。

 

自重トレーニングの例は以下の通りです。

・腕立て伏せ

・クランチ(腹筋)

・スクワット

自重トレーニングのメリットは、「いつでも、どこでも取り組めること」です。

場所をとらずに器具も必要ないので、最も継続しやすいトレーニング方法です。

 

自宅でトレーニングするならオンラインフィットネスを利用してみましょう!

>>おすすめのオンラインフィットネスを厳選して7社紹介!

 

継続できないのは普通のこと

筋トレが継続できない原因と、継続するためのコツを解説しましたが、それでも継続することが難しい人へ…

 

安心してください、継続できないのは普通のことなんです。

 

そもそも人間の脳は、ラクをするように作られています。

頭では「やらなければいけない」と分かっていても、なかなか行動するのは難しいのです。

 

「意思が弱い」のは関係なく、あなたの脳が「やらない」という選択をしているだけ。

 

大切なのは、あなたの脳が「やらない」と言ったときに、いかに脳をダマせるか。

 

筋スケ
生活の変化の違和感に打ち勝てるかが継続させるために大切なことです!

 

習慣化させるまでがカギ

計画→行動→継続→習慣

ものごとの多くは、この順をたどっています。

 

ものごとをやると決めて実際に行動を起こし、その行動が継続されることで、やがて習慣になります。

習慣化させるまでに平均で66日継続する必要があるという研究結果があります。

 

習慣化されるまでの道のりは本当に辛いです。

しかし、習慣化してしまえば、逆にやらないと違和感を覚えるようになります。

 

筋トレは約2か月継続すると身体が変わり始めるころです。

身体が変わってきたころに習慣化が加われば、まさに鬼に金棒です。

 

筋スケ
習慣化されるまでの過程をいかに耐えられるかがカギですよ!

 

まとめ~筋トレを継続させるために~

 

★筋トレが継続できない原因

①生活の変化に身体がついてこれていない。
生活習慣を変えるのは想像以上に大変なこと。

②結果を焦りすぎている
身体はすぐには変わらない、結果に焦って挫折してしまう。

③取り組む時間帯の原因
やる時間を決めないと、結局やらないで終わる。

 

 

★筋トレを継続するコツ

①小さな目標を決める
目標はどれだけ小さくてもよい。継続することが最も大切。

②取り組む時間を固定する
毎日やる時間を決めて、ルーティン化させよう。

③メニューを決める
自分の力量に合わせて続けられるメニューを決めよう。

筋スケ
筋トレは継続することで結果は後からついてきます。

継続は力なり。
続けたもん勝ちです。

焦らず自分のペースで続けていきましょう!

 

それでは!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

筋スケ

こんにちは!筋スケです。 筋トレを人生の軸にしています。 BP:90kg/SQ:100kg/DL:110kg 筋肉をつけるためには正しい方法で、賢くトレーニングすることが大切です。 このブログでは筋肉を効率的につけるノウハウや、ダイエットの方法を発信しています! 身体を変えて素敵な日々を過ごしましょう。

-ブログ

© 2023 筋スケblog